築50年の歴史ある住居をフルリノベーション 新しくも懐かしさを残した住まいへ 東京都 T様

築50年の歴史ある住居をフルリノベーション
新しくも懐かしさを残した住まいへ

VOL.79

東京都 T様

フルリノベーションで得た、とても快適な暮らし

  • 西東京に位置する清楚な街にお住まいのT様。 家族構成はT様ご夫婦とお嬢様2人の4人住まい。「家族が快適に過ごせる空間にしてほしい」とのご依頼でした。
    約45年前に、築5年ほどの木造2階建ての中古住宅を購入されました。元々4世帯まで暮らせる下宿仕様。キッチンが3台、玄関が2か所ありました。
    今回、大規模な改修工事、フルリノベーションを決められた理由は住まいの老朽化により住みにくくなったため。2年前に雨漏りの補修をしましたが、屋根瓦も全体的に劣化していました。すきま風もあり、真冬は室内でも吐く息が白くなるほど寒かったとか。さらに、約40年前に増築した2階の床も少し傾いており、耐震性にも不安があるためフルリノベーションを決断されました。 工事は骨組みだけを残し、壁や床、天井などをすべて解体する「スケルトンリフォーム」。構造計算を行い、新しく根太を入れ替えて2階の床を水平に調整。新しい筋違いを設置し、耐震補強も行いました。断熱性・気密性を高めるために、もともと断熱材が一部しか入っていなかったので新たに敷き直し、冷気の入りやすいサッシや玄関も断熱仕様へ交換しました。間取りは一部を除いてそのまま活かすことにしました。
    完成後、T様ご夫婦は「とても素敵になった」と喜んでいらっしゃいました。ご近所の方からも「新築のようで素敵ですね」と、うらやましがられていたそうです。

気密性が高く、将来的にもメンテナンスしやすいように改修。窓は単板ガラスから断熱効果の高いLOWEペアガラスへ。玄関扉も断熱仕様へ交換しました。断熱材を床や壁すべてに敷き詰めることで、快適で冷暖房費の節約にもなります。1階奥にあった3畳の部屋は撤去して浴室と洗面所スペースを拡大、横にはストックルームを新設。新しく造り付けた食器棚はキッチンとダイニングの両方から開閉でき、利便性も高めました。

驚きのサプライズも。日本家屋の伝統を感じさせた空間づくり

  • 一緒に住んでいるお嬢様がインテリアコーディネーター資格をもっており、住居の内装に関してはお嬢様と相談しながら進めていきました。玄関についていた窓ガラスは昭和の風情が残るレトロな造りになっており、奥様はとても気に入っていました。なんとかうまく活用できる方法はないかと当社営業担当者は知恵を絞り、暗かった2階廊下の明かり取りとして再利用。機能面とデザイン性を兼ね備え、モダンな印象に生まれ変わりました。さらに天井に装飾として取り付けられていた桜の丸太も再利用し、桜の樹皮に合うように天井の作りも工夫しました。そうすることで、真新しいなかに歴史を感じさせる落ち着きが生まれました。一方、一緒にお住まいのお嬢様たちからは、浴室と洗面所を広くしたい、2階にシューズクロークを作ってシーズンオフの靴やブーツを収納できるようにしたいなどの具体的な要望があげられ、設置場所と仕様などを相談しながら進めることですべて実現。もちろん、下宿仕様だった古いキッチンや玄関などはすべて取り外しました。

全体的に明るく清潔な色合いの内装。入居時から取り付けられていた窓ガラスを新居に利用。昔の吹きガラスの光はとても優しく感じられます。同じガラスは2階廊下の明かり取り用にも使用。一方、2階にはロングブーツも置けるシューズクロークを設置するなど、機能的で細かい工夫が随所に施されています。

多彩な趣味から生まれた、センスのよいインテリアは機能面も◎

  • T様ご家族は趣味が多彩で、それが住まいの“風景”となっています。T様は模型作りが趣味。2階の工作部屋には1メートルを超す大きな豪華客船の模型が飾られ、これは写真などの資料を見ながら数年かけて手作りしたものだとか。年に数回、イベントなどで公園の池に浮かべて動かしておられます。鉄道模型も大好きで、Nゲージと呼ばれる本格的な鉄道のジオラマを製作。たたみ1畳ほどの大きさがあり、お孫さんが来ると広げて遊んでいるそう。一方、奥様は書道が趣味。ときにはダイニングのテーブルを片付けて、大きな和紙に筆を走らせることも。自身の書かれた作品を飾ることはあまりなかったのですが、今回のリノベーションをきっかけにリビングに篆刻(てんこく)という木彫りの作品を飾ってみたそうです。お嬢様たちも茶道やピアノ、バイオリンといった趣味もあるそうです。各々の趣味を考慮した工夫として、道具を余裕で収納できるウォークインクローゼットをつくり、2階の廊下は大きな道具も楽に運べるように広くスペースをとりました。また、部屋や廊下の壁にはピクチャ―レールを設置しました。現在では絵画や写真が飾られ、センスのよさを感じさせるインテリアとなっています。

2階にあるT様の工作部屋には大好きな客船模型が陳列。Nゲージの鉄道模型ジオラマも余裕で収納できるスペースを確保。2階の廊下はあえて収納スペースを作りすぎず、解放感と明るさを演出。大きな道具も楽々運び出すことができます。また、壁にピクチャーレールを設置したので、絵画や写真などをかざったり、バッグや帽子をかけたり、様々な使い方で楽しんでいらっしゃいます。

お客様

リフォーム後 お客様より
当初は玄関部分の日本瓦屋根の補修をと思い、東栄ホームサービスさんに状況を見てもらいました。しかし、ほかにも住みにくいところが随所にあるので、途中からフルリフォームに変更しました。担当営業の小川さんはもちろん、工事の方たちはとてもフランクでいい人ばかり。とても楽しそうに作業されていました。初めての全面改装で心配でしたが、みなさんの姿を見ていると安心できました。とくに小川さんは実家が工務店をなさっているとのことで、ご自分でも作業され、本当に細かいところまで気がつき、調整してくださいました。とても感謝しています。今後も長くお付き合いしていただきたいですね。

担当:xxx(東栄ホームサービス株式会社 リフォーム部)

担当:小川 明彦
(東栄ホームサービス株式会社 リフォーム推進)

一番ちからを入れた点は、風通しのよい、広くて明るい空間を作ること。特に2階の廊下と階段は明りが入りにくい構造になっていたので、壁や天井は白で統一し、扉は明り取りのガラス窓を取り付けることで、扉を閉じても光が廊下まで入るように配慮しました。また、1階キッチンに設置した食器棚の使いやすさはもちろんのこと、こちらにも光が取り入れられるようになっています。ご家族さまの要望を叶えるため、細かいところまで計算どおりに施工できたことが、担当者としての腕の見せ所であったと思います。

リフォーム期間 90日
リフォーム費用 1,800万円(税込)
築年数 約50年
工事概要 フルリノベーション
設計・施工 東栄ホームサービス株式会社
TEL:0120-881-706(営業時間:9:00~18:00)
リフォームのお問合せはお気軽にどうぞ
東栄ホームサービス事例「室内の改修」